・材料(孔雀の羽根、竹、カーボン、ソリッド、トップ各種素材)

孔雀の羽根 孔雀の羽根:

最近は、良材の入手が困難になってきています。私は東大阪市の「泉舟工房」さんより、通信販売で購入しています。「泉舟工房」さんについては、巻末資料を参照願います。





竹ひご 竹ひご:

クローバーの編み棒0番2.0mm径を愛用しています。






ソリッド ソリッド:

羽根とトップとの接合用、足用、トップに使用します。一般釣具店で販売しています。






カーボン カーボン:

足用に使用します。一般釣具店で販売しています。径は1.2mmを購入し、削り込んで使用します。






小春ダイヤモンドスーパートップ 小春ダイヤモンドスーパートップ:

セルトップの軽さとポリカーボトップの強さの両方を兼ね備えたトップです。軽さは、セルとポリカーボトップの中間で、セルよりも強度はあります。

素材の段階で曲がりのある物もあるため、使えるものを選別する必要があります。




ポリカーボトップ ポリカーボトップ:

セルトップの欠点である曲がりやすく、折れやすい点を改良したトップです。リコー本舗のハイテクトップがこの素材のパイオニアです。PCと表記されたり、ハイテクトップと呼ばれたりします。

蛍光塗料の食いつきが悪いので、塗装前に表面を紙ヤスリで荒らしてやる必要があります。

以前は、蛍光塗料を塗ると、発色が悪いため、下地に白を筆で塗っていました。筆塗りすると、どうしても厚塗りになるという欠点がありましたが、エアーブラシで薄く高白色ラッカーが塗れることを発見してからは、曲がりもないため、選別の必要がありません。

ただ、上記のパールトップに比べると、若干肉厚となります。




ポリカーボムクトップ ポリカーボムクトップ:

パイプトップとソリッドトップの中間の比重を持ちます。2000年頃から流行し、PCムクと呼ばれています。

ポリカーボトップと同様、蛍光塗料の食いつきが悪いので、塗装前に表面を紙ヤスリで荒らしてやる必要があります。

また、素材自身が柔らかいので、デザインナイフで自分で好みに削るということはできませんが、紙ヤスリで根気強く、削っていくことは可能です。





以上

Copyright (C) Studio Jinshin