塗料

ここでは、塗料について紹介します。尽心作 匠の製作ポリシーにもあるとおり、「シンプルイズベスト」ということから、使用する塗料についても出来る限り簡素化しています。


ウレタン塗料 ウレタン塗料 : 必要度数5

ウレタン塗料は非常に塗膜が強く、かつ耐水性に優れています。欠点は、@2液性であることから、扱いが難しいということ、A乾燥に十分な時間を要すること。B使用するシンナーが強いため、ラッカー系塗料を装飾に使用する際には、色止めという作業が必要。 といったことがあります。ラジコン模型店にあります。





ウレタンシンナー ウレタンシンナー : 必要度数5

ウレタン塗料の専用シンナーです。ウレタン塗料と同じくラジコン模型店にあります。





蛍光塗料(赤) 蛍光塗料 : 必要度数5

トップに塗る蛍光塗料です。釣具店にあります。

赤は、「赤橙」と「白」、黄緑は、「黄」、オレンジは、「黄橙」と「橙」と「白」を混色して、好みの発色、色合いを出しています。




蛍光塗料(黄緑)


蛍光塗料(オレンジ)



蛍光塗料用シンナー 蛍光塗料用シンナー : 必要度数5

トップに塗る蛍光塗料のシンナーです。釣具店にあります。






ラインカラー 黒帯用ラインカラー : 必要度数3

トップの黒帯、ボディと足、ボディとトップの境目に入れる「墨入れ」に使用します。釣具店にあります。






コンパウンド コンパウンド: 必要度数3

これは塗料ではありませんが、ボディ最終の仕上げにコンパウンドで磨いて、仕上げます。

最終の上塗り後、表面のプツプツや極僅かの塗りムラを2000番の紙ヤスリで部分研ぎします。

その後、車用の0.5ミクロンのコンパウンドで磨き仕上げます。

DIY店、車用品店にあります。

金属磨き「ピカール」はつやの復元力に掛けます。プラモデル用コンパウンドは、油分がウキのなじみ込みの悪い原因の1つになります。現在は、これが一番いいように感じていますが、まだまだ研究が必要と感じています。

また、名古屋の鷹羽さんより、

「住友スリーエム(3M)から精密仕上げ用研磨フィルムをご存知ですか、コストが高いのがデメリットですが番手が#1200,#2000,#4000,#8000,#10000が有り荒目が均等で最近ホームセンターを探求して見つけました。

浮き作成は普通のサンドペーパーを使用して最終仕上げはこれを使用しています。

ご存知かも知れませんが、もしご存知でなければ一度試して見てください。

車用コンパウンドは荒めを0.5ミクロンと3ミクロンのタイプとコーテイングはフッ素コートを購入しました。」

情報ありがとうございました。ご好意に感謝いたします。



ガッシュ 水性アクリル系塗料「GOUACHE(ガッシュ)」 : 必要度数2

2003年11月発刊「最新ヘラウキ作り」(桃園書房)の中で、「光徳」の作者で有名な山田康昭さんが、水性アクリル系塗料「GOUACHE(ガッシュ)」を紹介されています。

色数も豊富で、かつ濃度も丁度よく、非常に扱いやすい塗料であることがわかりました。

水性アクリル系塗料であることから、完全に乾燥すれば、エンジンウレタンを塗っても色流れをおこしません。(ただし、乾燥時間が24時間未満、上塗りする際のシンナーの量が不適切な場合は、色流れを起こす場合があります。)

また、色数も豊富にあることから、エアブラシを購入できない場合のウキの装飾塗料としては、現在のところ、ポスターカラーよりも、さらに適していると考えます。



ラッカー系塗料 ラッカー系塗料 : 必要度数1

エアブラシを使って、ぼかし塗りをする際に使用します。ただ、ウレタン塗料のほうが強いので、色止めの作業が必要となります。Mr.カラーは商標名ですが、タミヤ製よりも色数も多く、多彩な仕上げを楽しむことができます。模型店にあります。






ラッカー系塗料(Mr.カラー)シンナー Mr.カラー(ラッカー系塗料)シンナー : 必要度数1

Mr.カラーの専用シンナーです。模型店にあります。






ラッカー系塗料(Mr.カラー)筆洗い用専用シンナー Mr.カラー(ラッカー系塗料)筆洗い用専用シンナー : 必要度数1

Mr.カラー(ラッカー系塗料)筆洗い用専用シンナーです。模型店にあります。






ウレタンスプレー ウレタンスプレー : 必要度数1

ルアーの色止め用、1液性ウレタンのスプレーです。エアブラシをお持ちでない場合の色止めに使用します。

塗料が多めにでますので、距離をとって吹くのがコツです。

釣具店のルアー手作りコーナーにあります。






水性ウレタン 水性ウレタン : 必要度数1

水性のウレタンです。白色ですが、乾くと透明にかわります。エアブラシをお持ちでない場合の色止め用に使用します。

例えば、Mr.カラー(ラッカー塗料)を帯に塗り、色止めにこの水性ウレタンを塗ることにより、上塗りにエンジンウレタンを塗ることが可能になります

乾燥時間を十分に取る必要があります。また、耐久性には欠けます。

DIY店にあります。



以上

Copyright (C) Studio Jinshin