・工具



片刃カミソリ 片刃のカミソリ : 必要度数5

孔雀の羽の切断、整形に必要、一般の化粧品店では入手するのが難しいので、以下のHPより、通信販売で購入して下さい。

www.feather-shop.com

お買い物 → B to B → セレクトアイテム のページにあります。






オルファ 特専黒刃 中 オルファ 特専黒刃 中(片刃のカミソリが手に入らない場合)

後藤様より、以下のような情報を頂戴しました。

羽根を二つ割り・四つ割りする時にカミソリを使うと、たまに曲がってしまうことがあり、普通のカッターの刃だと曲がらない代わりに中綿がぼそぼそになってしまいます。ところが『オルファ 特専黒刃 中』というカッターの替え刃は厚さが極薄0.25ミリで切れ味も非常によく、カミソリと普通のカッターのいいとこどりでオススメです!(注)特専黒刃 大は刃が厚いの注意して下さい。

情報および掲載の許可を頂戴し、ありがとうございました。ご好意に深く感謝申し上げます。






紙ヤスリ 紙ヤスリ : 必要度数5

ボディの成形には、主に240番を使用します。白色と黒色がありますが、私個人の意見では、黒色の方が好みです。

下塗りの1回目では、1000番、下塗りの3回目では、1200番、下塗り4回目、5回目では、1500番、上塗り2回目以降5回目までは、2000番を使用します。ホビーショップにある廉価な物で十分です。






デザインナイフ デザインナイフ : 必要度数5

竹足の削り出し、ソリッドの削り出し等、たいへん鋭利なナイフで、アートナイフとも呼びます。

刃は薄く欠けやすいので、切れ味が悪くなったと感じたら、まめに替刃と交換しましょう。DIYショップにあります。






ハサミ各種 ハサミ各種 : 必要度数5

紙ヤスリを切り分けしたり、細工したりするのに使用します。細工用は鋭利さが要求されますので、紙ヤスリ用と併用しないで下さい。






筆ペン・シャープペンシル・マジック 筆ペン、シャープペンシル、マジック : 必要度数5

筆ペンは、手書きの銘を入れる時に使用します。

シャープペンシルはボディの成形時、羽根に寸法を仮書きする際に使用します。

マジック(細)は、羽根を切断した際に、どちらが下部であるか印をつけるのに使用します。また、トップの細工塗りにも重宝します。

特別なものは何もなく、一般的な市販の物で十分です。






ミシン糸 ミシン糸 : 必要度数5

羽根の仮巻きの際に使用します。50番手が使いやすいように思います。綿100%のものが、仮巻き時に滑らず、使いやすいように感じています。






丸形ヤスリ 丸形ヤスリ : 必要度数5

千枚どおしと併用して、羽根と足を接続する際に、足の印籠継ぎ部分にあたる羽根の整形に使用します。模型店においてある精密用が使いやすいです。






ノギス(プラモデル用) ノギス(プラモデル用) : 必要度数4

羽根の直径を正確に計測するための物で、0.05mm単位で計測が可能です。タミヤから発売されているものが、安価で使いやすいです。模型店にあります。






マスキングテープ(プラモデル用6mm幅) マスキングテープ(プラモデル用6mm幅) : 必要度数4

仮止めの糸止め、塗装のマスキング等、多用途に使用します。模型店にあります。私はタミヤからでている6mm幅を愛用しています。






カッティングマット カッティングマット : 必要度数4

竹足、ソリッドの削り込みの際の台に使用します。DIY店にあります。A4版もしくはB4版が使いやすいようです。






千枚通し 千枚通し : 必要度数3

丸形ヤスリと併用して羽根と足を接続する際に、足の印籠継ぎ部分にあたる羽根の整形に使用します。100円ショップにあるもので十分です。






ものさし ものさし : 必要度数2

トップとボディをつなぐソリッドの寸法取りに使用します。DIYショップにあります。






2つ割り台 2つ割り台 : 必要度数4

2枚合わせのヘラウキを作る際に、羽根を2つ割するのに使用します。

写真の物は、サンコー商会さんの2つ割り台です。

サンコー商会さんのURLは以下のとおりです。

サンコー商会






加工台 加工台 : 必要度数2

孔雀の羽根のカットの際の台に使用します。DIY店にある、ほうの木の板材が個人的には、使いやすいように思います。






色紙(黒) 色紙(黒) : 必要度数2

上部のボディの成形時に、左右対称に削れているか確認のために使用します。文具店やホビーショップにある廉価な物で十分です。






極小円定規(ステッドラー製) 極小円定規(ステッドラー製): 必要度数2

羽根の足との接続部分の径や最大径を測るときに便利です。大手の文房具店にあります。






マスキングテープ(プラモデル用2mm幅) マスキングテープ(プラモデル用2mm幅) : 必要度数1

曲面をマスキングする際に使用します。上記のタミヤ製6mm幅は紙製ですが、こちらはビニール製で伸縮します。模型店にあります。






注射器 注射器 : 必要度数1

羽根を成形・仮巻きし、上部と足の部分に木工用ボンドを注入する際に使用します。

東急ハンズといった専門店でしか、なかなか手に入りません。

これがなければヘラウキができないというものでもなく、上部ソリッドや足である竹やカーボンに、筆を用いて木工用ボンドを薄く溶いたものを塗り付けても十分かもしれません。

ただ、注射器で木工用ボンドを薄く溶いたもの注入することにより、確かに強度はアップします。






ハンコ 銘入れ用ハンコ : 必要度数1

ハンコで銘を入れる場合に使用します。ハンコ店に頼めば、写真のような物を安価で作成してくれます。






ハンコ用印台 銘入れ用ハンコ スタンプ台: 必要度数1

水性ですので、完全に乾燥すれば、エンジンウレタンを塗り重ねても、色流れしません。






四割り器具1 四割り器具 : 必要度数1

大阪府東大阪市の「泉舟工房」さんで販売しています。構造としては、2片の木材があわさっており、片刃のカミソリ1枚程度の極薄いスキマがあります。斜めの木材を移動させることにより、羽根を保持する仕組みとなっています。また、左右均等なため、そのスキマが丁度センターになるようセットされております。

これにより、手作業でやるより、正確に早く羽根を割ることができます。

特に、1本取りの足側はテーパーが長いため、なかなか正確に2つに割ることが困難でしたが、これを使うことにより、かなり正確にかつはやく2つ割りできるようになりました。

入手方法は、巻末資料を参照願います。




四割り器具2

四割り器具3


四割り器具4






木工用旋盤1

木工用旋盤: 必要度数1

竿の口栓作り用にと購入したのですが、足に使用する竹、カーボンの削りだし、瞬間接着剤のカス取り等、適度な回転速度、また、手元で回転速度が調整できる等、非常に便利です。

別売のドリルチャック(ドリルチャック専用シャフトNo.27086、ドリルチャックNo.28122)を装着することにより、0.8mmから6mmの丸材を正確に固定することができます。

入手方法は、こちら を参照願います。


木工用旋盤2



以上

Copyright (C) Studio Jinshin